墨田区で食欲不振が続いている人は消化器内科へ

subpage1

食欲不振が長く続くうえ、吐き気やみぞおちの痛みなどにも悩まされている墨田区の人は、消化器内科で検査を受けるようにしてください。

食べ過ぎや飲み過ぎが原因だろうと思って甘く見ていると、実は十二指腸潰瘍だったということもあるので、調べてもらうことが大切です。


この病気は20代〜40代に多いので、若いから大丈夫とは思わないようにしましょう。

墨田区の消化器内科で、ピロリ菌検査やバリウム造影検査、内視鏡検査など受ければ、十二指腸潰瘍かどうかがはっきりします。

もしそうだった場合はすぐに治療に移れるので、悪化を防ぐことが出来るでしょう。



食後に一時的に胃の痛みが治まったり、黒色便があったときはこの病気の可能性が高いので、早めに治療を始めるようにしてください。

OKWaveの情報サイトはこちらです。

墨田区の消化器内科の多くは、十二指腸潰瘍を治すときに薬物治療を行っています。


薬だけで大体治せるので、よほどひどくない限りは、外科手術を行わないところがほとんどです。H2遮断薬やプロトンポンプ阻害薬などの薬を飲めば、胃酸の分泌を抑えられますし、ピロリ菌が見つかった場合は、胃薬と抗生物質で除菌すれば治ります。



ピロリ菌の感染以外にも、ストレスを溜めこみやすい人や、喫煙や飲酒、コーヒーを飲み過ぎるような人は、胃腸内のバランスが崩れて、十二指腸潰瘍を発症しやすいので気を付けましょう。もともと十二指腸の粘膜は薄いため、胃酸によるダメージを受けやすいので、健康に生活したいなら、生活習慣を見直すことが大切です。